Unlock the door to Creation

たたかいはおわり あたらしい英雄がたんじょうした 仲間たちのしゅくふくをうけながら わたしはじだいのうつりかわりをかんじていた・・

- 『ヒットラーの復活 トップシークレット』 / スーパー・ジョー

ペヤング獄激辛を何度か完食して思ったこと

Category: 雑記

この記事は、ペヤング獄激辛シリーズを6食完食した自分からの注意喚起のようなものです。
辛さに自信がある!と思うレベルの方は、食べるのを避けてください。
辛いの苦手!と思う方はもってのほか、絶対手に取るのを避けてください。
自分が「これを食べてもおそらく大丈夫」と保証できるのは、辛みに耐性があるレベルの方です。
(主観も多分に混じっていますので、このシリーズを食べても平気だった方はせせら笑いながら読んでいただければ……)

そもそも何で食べようと思ったのか

話は2019年夏頃、それまで辛い物は嗜み程度に食べるだけだった自分が、近所のコンビニで激辛のカップ麺をふと手に取ったところまで遡ります。
「蒙古タンメン中本北極ブラック」。
これを食べた時、「うわめっちゃ辛い!!!でも旨い……!」と感動しました。
焦がしにんにくオイルの風味とこの辛さの合わせ技を気に入った自分は、これを結構頻繁に食べるようになりました。
頻度が高い時で週に1〜2個 (と記憶) くらい。
一口食っては「ああ辛い!でも旨い!」なんてのを、おおよそ3ヶ月 (と記憶) やっていました。

それからしばらく経った頃。
久々に何か辛い物でも食うかーと思い、近所の店で「辛さ当社比○○倍!」と謳っていたハバネロ系のお菓子 (メーカーは忘れましたが、辛さの倍率も二桁は越していたと記憶) を買ってきました。
それを口に放り込んだところ、これがなんにも辛くない。
数日後に別メーカーのもっと辛そうなお菓子を食べても、ほぼほぼ辛さを感じない(※)。
口内の痛覚が、どうもちょっと犠牲になってしまったようなのでした。
(※こちらのお菓子が何だったかは記事公開後に思い出しました。「じゃがりこ激辛インドカレー味」でした)

で、時は流れてペヤングが獄激辛カレーを出してきた直後、今年の2月辺り。
獄激辛(カレーじゃないほう)をあろうことか、辛い物が苦手なツイッターのフォロワー、Mさんに食べてもらう流れになりました。今にして思えば鬼畜の極みだった。
すると別の方、Tさん (同じく辛い物が苦手) も興味本位で手を出す流れに。
そこで自分も「じゃあいっちょやったるかー」と思い、獄激辛(カレーじゃないほう)3食セットを某通販サイトで取り寄せて食べることにしました。

そこから1ヶ月ほどで獄激辛を、「ハーフ&ハーフ W獄激辛」が出てからはGW中盤までにこれを3食、計6食完食。
今はその記憶を思い出しながら記事を書いています。

喫食前の下準備

ペヤングと言えば2019年、北極ブラックと同年の秋には「激辛MAX END」が出ていました。
当時もツイッターの片隅で阿鼻叫喚が起こったことを覚えていたので、ひとまず辛みへの対処法を検討することに。

フォーマルな文献を当たった訳ではないものの、ある程度調べてみて用意したのが2つでした。

唐辛子系の辛み成分は水溶性をもたず、ただ水を飲むだけだと緩和できない (むしろ辛みだけが口内に残ってそれこそ地獄) らしいので、とにかくこの2つで辛みを緩和。
具体的には

  1. まず牛乳をマグカップ半分くらいまで飲んで口と胃をコーティング。
  2. その上で油ものを少しだけ摂取し、コーティングを強化。
  3. 実際に出来上がったペヤングを食べ始めて厳しそうな場合、適宜牛乳を口に入れる。
  4. 完食したらまた牛乳と油ものを摂取して辛み成分を流し込む。

というやり方で、獄激辛に挑みました。

結果としては、それでも驚くほど辛かった
初回チャレンジ前に「もし大丈夫なら2回目からは対策軽くしてもいいかな〜」と調子に乗っていた節もあった、
自分の甘ったるい考えは綺麗に打ち砕かれました。

実際の食事

対策も含めて、喫食時の流れは6回の食事でほぼ変わりません。よってこの項では主に初めて完食した時の印象を。
ただ、画像はせっかくなのでW獄激辛の時に撮った物を載せていきます。

お湯を湧かして容器に入れ、3分待つ。ここまではだいたいのカップ麺と同じ。
強いて言えば、ソースをかけた段階で「あー辛そうな匂いする」と感じたくらいでしょうか。

W獄激辛パッケージ

ただ念には念を押して……と用心の意味も込め、
ソースをだいたいかけた後の袋から残りを少しだけ絞り出し、口に数滴含んでみました。
自分としてはこれが大正解だったと言うほかない。
ちょっと舐めた段階でもう辛いんです。
自分は比較的汗っかきなのですが、この一舐めで身体が本能的に驚いて汗を出し始めるほど。
「やばいな」と思いはした一方、食べ進める上での覚悟と、とりあえず完食はできそうという確信はもてました。

W獄激辛完成後

短期決戦で行こうと判断して、一口、二口、三口。
この辺りで口が悲鳴を上げ始めます。
燃えるような、とかそんな比喩も生ぬるい。
刺激だけならそこらの人が食えば口全体にすっぽりはまるイガグリを入れたんじゃないかと感じるレベルの辛み。
北極ブラックを食べてもここまでの感じはありませんでした。こっちは旨いかどうかを確認する余裕すらないという…… (ラーメンと焼きそばの違いはあるかも)

汗をかくどころか涙目になりながら「でも食べ切れる!」と猛スピードで掻き込み、一応完食。
上記対策の3以外は行ったので若干チート気味にも感じるものの、そのままの味を制覇できた喜びは格別でした。
(W獄激辛は量が増えて超大盛相当になったことで短期決戦がより難しかったです。辛み耐性所持に加えて量も食べられる方ならぜひどうぞ)

獄激辛完食後

余談ですが、獄激辛を3食ちゃんと完食したのはもったいない精神があったため。
W獄激辛に手を出したのは、近所の店でこれを見かけた時「せっかくだしカレー風味のほうも食べてみたい」と感じたため。
その後W獄激辛をもう2食完食したのは、この地獄を退けられた達成感と優越感を味わうため。
下2つは完全に自己満足の域です。もう一度言いますが辛みに耐性のない方は喫食を避けてください

食べた後

ある意味では喫食中より地獄です。
食後20分は口内に残る辛みを越え、すると今度は身体が熱くなってぼーっとしてくる。
さらに下から出てくる時の痛みも、食後丸1日が経過するくらいまで続きました。
ここら辺は個人差もあると思いますが……

(ちなみに食後身体がぼーっとするのは、5回目以降だいぶマシになりました。もしかしたらここには慣れが生じたのかもしれません、面白いですね)

この準劇物に挑んだ人たち

辛い物が苦手と語るMさんは実際に食べてみた際、一口啜ってその辛さに絶叫していました。しょうがないね。
同じく辛い物苦手なTさんは少し口に入れたところで「辛すぎて無理だ」と直感し、沸かしたお湯で麺を洗い流して別のソースで食べたそうです。これはどうなの。

一方これを事もなげに食べる化け物な人もいるようで、また別のフォロワーさんであるUさんは 獄激辛、獄激辛カレー、W獄激辛を全て「まあ旨い」程度で一蹴。
加えて「辛い物に自信がある」と自負したお友達の方と、2人でW獄激辛を食べた折には見事お友達だけを撃沈させた後「自分の舌は駄目かもしれない」と話していました。正直気づくのが遅い。
この方は恐ろしいことに、ご両親が同じく辛い物に耐性をもっていた上、子供の頃からしょっちゅう食事に唐辛子をかけまくる英才教育が施された、なんて話で。生まれてすぐから毒と電撃に慣らされた『HUNTER×HUNTER』のキルアかよ。

ともかく、やばい人は案外そう遠くないところにもいるようです。

獄激辛についての総括

  1. 劇物に限りなく近い食品です。注意書きはもっと強い言い回しになってもいいんじゃないでしょうか。
  2. 「辛い物に自信がある」レベル以下の方は食べるのを避けましょう。多少でも痛覚が狂っているならそのまま完食はできると思います。
  3. まあどっちにしてもやっぱり食べないのがオススメです。
  4. 自傷行為の新しい選択肢としては有用かもしれない。
  5. 自分もしばらくは食べません。

おしまい。

Written on 2021/05/08